若い人こそ転職情報サイトに登録しておいた方が良い理由

転職エージェントに登録した方が良い理由 若い人に読んで欲しい

リクルートエージェントやDODAなどの転職サイトは、

 

転職を考えている人が利用するものだと思っている方は多いのではないでしょうか?

 

私自身も、40歳の時に始めて転職活動をしたので、

 

転職サイトに登録したのも、この時が初めてでしたし、利用するまでは転職を考えている人が登録するものだと思っていました

 

しかし、実際に利用してみると、「もっと若い時に登録しておけば良かったぁ」と後悔しました

 

ではなぜ?若い頃から転職情報サイトに登録しておいた方が良いのか、お話いたします

 

業界(仕事)の視野が広がる

仕事の視野

 

所属している会社で、日々の業務だけをやっていると、

 

その会社で必要な知識と近い業界の動向を知る事はできます

 

ただし、普段関わる事がない業界(仕事)については、中々知る事はできないでしょう

 

もし、あなたが知らない業界で、今の仕事よりも魅力的と思える業界や、企業があったとしても、

 

その存在を人生の終盤で知ってしまったら、恐らく後悔しますよね?

 

暇つぶしに転職サイトを眺めていると、

 

自分が知らないような業界や業種が沢山あり、この歳になって知った職種もけっこうありました

 

もしかすると、たまたま見つけた求人で、人生が変わる可能性だってあるかもしれません

 

現職よりも条件の良い仕事が見つかる可能性がある

条件の良い仕事の発見

 

今の会社に少しでも不満を抱いている人であれば、

 

転職サイトの求人に今不満に感じている事が改善できそうな仕事が見つかるかもしれません

 

今の仕事に特に不満を持っていない人であっても、不満がないからと言って、

 

今の仕事がベストであるとは限りません

 

転職サイトを利用していれば、今携わっている仕事・会社以上に、条件が良かったり、

 

やりがいがありそうな仕事と出会える可能性だってあります

 

憧れの企業へ転職するために必要な能力を知る事ができる

ビジネススキル

 

新卒の時は入社する事ができなかった憧れの企業も、

 

社会人となり能力を付けて今の会社で実績を残せば、中途採用で入社できる可能性があるかもしれません

 

いずれキャリアアップを考えているのであれば、

 

早いうちから目標とする企業の求人をチェックしておいて、転職に必須な能力を知っておく必要があります

 

自分に足りない能力を知る事ができる

自分に足りない能力

 

将来的に転職をしたいなぁと思う企業を見つけて必須事項の能力と、

 

今の自分の能力を照らし合わせれば、自ずと自分に足りない能力を知る事ができます

 

早いうちに足りない能力を知っていれば、目標を決めて必要な能力を補う事が可能ですが、

 

いざ「転職をしたい!」と思った時では、絶対に遅いです!

 

将来キャリアアップを目指している人は、転職サイトに登録して早めに準備をしておきましょう!

 

有名企業から、オファー(ヘッドハンティング)が来る可能性がある

ヘッドハンティング

 

残念ながら、私はヘッドハンティングされたことはないですが、前の会社の営業に在籍していた同僚は、転職サービスののビズリーチ経由で、某IT商社にヘッドハンティングされました

 

もちろん、ヘッドハンティングされるには、それなりの能力と実績がなければ、現実的には難しいかもしれませんが、

 

能力と実績を併せ持っている自信があれば、有名企業からヘッドハンティングされるかもしれませんよ!

 

万が一の事態が起きても、動きがとりやすい

 

今の仕事や職場に特に不満がなければ、転職なんて考える機会はないかもしれませんが、

 

将来は何が起こるかわかりません

 

例えば、以下のような事が起こる可能性だって、十分に考えられます

 

  • 会社の業績不振による企業倒産
  • 業績不振による、リストラ
  • 会社の人間関係により退社
  • 怪我や病気でやむなく退社
  • 家庭(家族)の都合により退社

 

私自身は、会社の業績不振が理由で、40歳の時に転職しました

 

前職は田舎の中小企業でしたが、その程度の規模の会社でも、

 

人間関係・病気・家庭の都合のそれぞれで会社を辞めた人を見てきました

 

本当に身近な話なので、将来誰に起こり得る可能性があるのです

 

こまめに転職サイトをチェックしていれば、転職が必要な状況になった時、すぐに行動を移す事ができるでしょう

 

リクルートエージェントとDODA

今すぐ転職は考えていない人であれば、リクルートエージェントか、DODA のどちらかを登録しておけば問題ないと思います

 

リクルートエージェントのPersonal Desktopの画面

リクルートエージェントの「Personal Desktop」の画面

 

dodaの管理画面

doda のMyページ画面

 

リクルートエージェントは、「Personal Desktop」というパソコンではブラウザで閲覧でき、スマホでは専用アプリが準備されていて、求人の閲覧から求人の応募までスマホ一つでスムーズに行えるようになっています

 

doda は、Webブラウザから個人アカウントにログインするタイプになりますが、リクルートエージェントと同様に、スマホ一つで求人の閲覧から応募までは行えるようになっています

 

リクルートエージェントとdoda は被る求人もありますが、それぞれにしかない求人もあるので、直ぐにでも転職したい人は、両方登録しておくのが必須になると思います

 

 

リクルートエージェントの会員登録はこちら DODAの会員登録はこちら

 

コメント