【40代の転職事情】40歳で初めて転職して知った転職活動の現実

【40代の転職事情】40歳で初めて転職して知った転職活動の現実 アラフォーの転職事情

私は、40歳になって人生で初めて転職活動をしました

 

巷ではアベノミクスの効果で有効求人倍率が高いとか、ニュースで良くやってはいますが、それは40代にも当てはまる事なのか?非常に不安になりながら、転職活動を始めました

 

35歳以下の壁

転職35歳の壁

 

私は本格的な転職活動を始める際に、転職エージェントに登録する前に、先にハローワークでどの様な求人があるのかをチェックしました

 

「この求人良いなぁ」と、思う求人は大抵年齢が35歳以下までの方、となっていました

 

40歳で初めて転職活動をしてみて知った事は、35歳以下の壁は存在するということです

 

もちろん、40歳以下までとか、年齢問わずという求人もありますが、35歳を境に求人の数は、確実に少なくなります

 

40歳以上でも仕事はあるにはあるが・・・

 

とは言っても、40歳以上でも仕事はあることはあります

 

ただし、どの企業も40歳以上で求める人材は、即戦力で働ける人なので、これまでの実績や資格の有無など、高い能力を求められます

 

なので、求人の必須項目欄もその仕事に必要な資格であったり、特定業務のマネージメントを5年以上経験など、それなりの能力を満たしていないと、求人に応募する事さえできません
(例え応募したとしても、確実に書類選考で落ちます)

 

目立った実績や能力がなければ、面接まで辿り着ける確率は極めて低くい

 

私は、転職エージェントを通じて、15社の求人に応募しましたが、その内面接まで行けたのは5社で、残りの10社は書類選考で落とされました

 

私と同い年の知人も、私と同時期に転職活動をしていましたが、彼は約30社に応募して、面接までいけたのは1社だけでした

 

結局、彼はその1社に内定をもらい、その会社に転職しました

 

あれもこれも考える前に、少しでも気になった求人があれば、とりあえず積極的に応募した方が良い事を知りました

 

これまでの実績や能力が高い人は、40代以上こそ需要は高い

 

これまでの実績や能力が抜群に高い方であれば、40代でも欲しい企業は沢山あるでしょう

 

例えば、マネージメント経験が豊富でリーダシップがある方であれば、管理職候補を探している企業には需要は高いでしょうし、海外企業との交渉ごとの経験が高い人も、外資系企業や海外メーカとやりとりが多い企業などには需要は高いと思います

 

企業が求める40代以上でも欲しい人材は、実績・能力・経験が備わった人材なので、全てに自身のある方であれば、40歳を過ぎても転職に苦労しないでしょうね

 

今になっては遅いですが、30歳頃までにもう少し意識して、自分磨き(スキルアップ)に力を入れておけば良かったと、痛感しました

 

 

 

まとめ:実績と能力があれば、40代でも転職先は見つけやすい

 

企業求める40代の人材は、実績・能力・経験値が高い人材なので、結局はそれらが備わっていれば、40代でも欲しがる会社は沢山あるでしょう

 

ただし、35歳を境に求人の数は確実に減ってしまいますので、私みたいにこれと言った実績や能力がない人間は、理想と現実を知る事になるかもしれません

 

 

 

コメント