【年収だけで決め手は危険】40代の転職で注意したいポイント

40代の転職で注意したいポイントとは アラフォーの転職事情

35歳を過ぎると、求人の数は確実に減ってしまいます

 

40代になれば、なおさら条件は厳しさを増すばかりです

 

そんな状況の中で、理想ばかりを追い求めていては、何時まで経っても転職先を見つける事は困難です

 

まずは、現実を知る事が大切です

 

35歳以上になると、何かをトレードオフする事も必要

転職先のトレードオフ

 

希望とする転職先の条件を上げたらきりがないでしょう

 

色んな条件がありますが、大体は以下の条件を秤にかける事になると思います

 

  • 職種
  • 年収
  • 勤務地
  • 年間休日
  • 役職

 

職種はなるべく広く考える

 

40代になると、絶対的な求人の数が減ってしまうので、自分が希望とする職種をドンピシャで絞り込んで探していると、中々先に進めないでしょう

 

確かに全く畑違いの職業だと、仕事を続ける自信もないかもしれませんが、かといって今まで就業してきた職種に拘っていると、中々内定というか面接にすら辿り付けない日々を送るかもしれません

 

営業マンの方であれば、多少職種が違ってもこれまでの営業ノウハウを生かして活躍できるチャンスはあるかもしれませんが、特定の製造業や専門職など、他の職種へノウハウを生かしにくいような仕事をされている方だと、どうしても身近な職種に拘り続ける傾向にあるのではないでしょうか

 

一見全く違う職でも、業務内容はこれまでのノウハウが生かせそうな仕事は以外に見つかる物なので、転職エージェントなどで求人を探す時は、まずは職種を絞り込まずに探していった方が良いと思います

 

最低、前職の年収を維持する事に固執すると危険

 

「前職よりも年収が増えないかなぁ」と思うのは、誰でも同じだと思います

 

ましてや、前職よりも年収が少なる事は、あまり考えたくないですよね

 

なので、最低でも前職の年収をキープ、年収が増えれば御の字と考えて、転職先を見つける人は多いと思いますが、突出するような実績や能力がなければ、前職の年収をキープするのも困難場合が多いでしょう

 

私自身は、前職の業績が悪化し、一部の社員にリストラなどを敢行していたので、これまで会社に在籍してきた経験から、次は全社員の給与カットが予想されたので、前職の年収よりも10%ほど少なくても仕方がない、年収がキープできれば御の字と考えて、転職活動をしていました

 

結果は、10%まではいかないですが、前職よりも年収は落ちました

 

でも、やりがいや会社の風土は気に入っているので、満足しています

 

確かに年収は大切ですが、それよりも大事なのはやりがいを感じれる事ではないでしょうか

 

また、もし私のように勤めている会社の業績が悪化していて、このままでは給与カットされるかもしれないと感じているようなら、考え方としては今よりも給与は少し減っても、安定した企業へ転職された方が、長く安定して働くことができますよね

 

給与条件も重要ですが、転職してから長く安定して働ける仕事を見つける事が最も大切だと思います

 

勤務地はこれから長年通う事を考慮する

 

中々条件の良い求人が見つからない時は、色んな条件を広げすぎる場合があります

 

その為、通勤時間が片道2時間とかでも、年収や待遇だけを見て、その求人に飛びつく人もいます

 

まあ、今まで片道3時間とかをかけて通っていたのであれば、2時間なら楽に感じるかもしれませんが、30分や1時間程度の範囲で通っていた人が、いきなり2時間に増えると、睡眠時間などに大きな支障をきたす可能性だってあります

 

例え給与や待遇が良かったとしても、自宅から遠すぎると、将来的に精神的なストレスで、仕事を続けられなくなるかもしれません

 

勤務先については、これから先何十年も通い続ける事を考慮した上で、決めるべきだと思います

 

休みを取るか年収(給与)を取るか?

 

休みを取るか年収(給与)を取るかは、求人チェックにおいて、かなり重点ポイントになってきます

 

日本を代表するような大企業の場合だと、年収の条件も良く、更に年間休日125日以上と、両方の条件を備えている事もありますが、大抵の場合、年収は高めだが、休みは少な目、またその逆といった求人が多いのが現状です

 

その人によって、それぞれの優先度は変わってきますが、私の場合は家族との時間を大切にしたかったので、休みの方に重点を置いて転職先を決めました

 

役職にこだわる必要があるのか?考えてみよう

 

前職で何かしらの役職に就いていた人であれば、前職と同等の役職、若しくはそれ以上の待遇を求めて転職活動をする人もいるかもしれません

 

しかし、40代以上の転職において、管理職ポストを準備しているような企業が求めている人材は、想像以上に期待は高いです

 

あなたが、前職で与えられていたポストは、あくまで前職での話で合って、市場を見渡した時に、他の企業でも同等のポストを与えてもらえるだけの実績と能力があるかと言えば、果たしてどうでしょう?

 

私は前職では部長のポストに就いてましたが、転職先の際の条件で、管理職にこだわりはありませんでした。

 

寧ろ、前職で長年管理職を任せられてきたので、正直暫く管理職からは外れたいと思っていました

 

それよりも、前職になるべく近い給与であることと、これまでの経験を少しでも生かせそうな業務内容である事を重視して職を探していました

 

管理職ポストに拘っている人は、今一度本当に管理職でなければいけないのか?考えてみた方が良いと思います

 

まとめ:40代以上になると、条件にこだわり過ぎると職は見つからない

 

私自身、40歳の時に転職活動をして分かった事は、40代の求人はない事はないですが、自分の希望条件を満たしてくれる求人は、非常に少ないです

 

年収を取るのか、年間休日を取るのか、待遇はあまりよくなくても今と同じ職種に拘るのか?

 

いずれにしても、何かとトレードオフになると考えた方が良いでしょう

コメント